【ワンポイント中国語】テストでチェックをもらって「嬉しい」?

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

20170914

中国でも、もちろんテストはあります。
面白いのが、日本では正解には○、不正解には☓またはチェックマークをつけますが、中国では正解にチェックマークをつけるんです!

初めて見たときは
「バツとチェックマーク、一体何が違うんだ!」
と思ってしまいました。

中国に留学経験があり、テストを受けたことのある方なら、同じ事を思ったはずです。

この「チェック」が「钩(gou1)」、「バツ」が「叉(cha1)」で、動詞は共に「」です。

ちなみに一度だけ、Windows XPのことを「Windows叉P」と言っている人に会ったことがあります(笑)
私は留学前にIT業界に勤めていたのですが、その時に「XP」のことを「ペケピー」と冗談っぽく言う先輩がいました。
「叉P」も、それに近い感じだったのでしょうか。。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/

【ワンポイント中国語】日本語にも声調のヒントがたくさん

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

2回にわたり、
声調練習の助けになる日本語
の例として、「第一声+第一声」と「第一声+第四声」という2つのパターンをご紹介しました。

他には「第二声+第一声」という例も、意外と巷にあふれているものです。

東京の話になってしまいますが、駅で山手線が来る時の男性の声のアナウンスのうち、
「東京方面行き」
「新宿方面行き」
の「東京」と「新宿」なども、よく聞いてみると第二声+第一声というパターンになっています。

上記のお話はしていませんが、第二声+第一声の注意点などの解説動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=HPNSknPha54

全ての声調パターンに当てはまる日本語があるという訳ではありませんが、それでも意外と
「この言葉、声調にあてはめるとコレになるかも」
なんていうヒントが身の回りにあふれているんです。

ただ漠然とでなく、こういう意識を持って日本語に接してみるのは、声調のリスニング力を養うのに非常に有効です。
みなさんの生活環境の中から、こういう「宝探し」を積極的にしてみましょう!

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/

【ワンポイント中国語】第一声+第四声=「最近どう?」

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

前回の【ワンポイント中国語】では、「第一声+第一声」という声調パターンの発音の際に意識すると良い野菜の名前をご紹介しました。

今回は「第一声+第四声」です!

このパターンは、声調に不慣れな学習者の大半が、一文字目の第一声を低い声で発音してしまう(結果的に第三声+第四声になってしまう)という間違いが非常に多いですが、とある日本語を意識することで、この間違いを回避しやすくなります。

その単語とは、
「最近どう?」
と聞かれたときによく使う「あの返事」です!
https://www.youtube.com/watch?v=0C2fqOQW8rk

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/

【ワンポイント中国語】第一声+第一声=野菜?

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

声調というのは、日本人が日本語を使う際には意識されない概念であり、そのため「意識のしかた」自体がわからないものです。

ただ、日本語と声調が全く無関係かと言えば実はそうでもなかったりします。

例えば「第一声+第一声」という声調パターンは、とある野菜の名前(もちろん日本語です)と同じなんです!
この野菜の名前を、実際に発音して音の高低(=声調)を意識し、「第一声+第一声」の単語を発音すると、意外とうまく行くものなんです。
これは、私のたくさんの生徒さんに実際に試していただいて確認しています。

では、その「野菜」とは?
こちらの動画でご確認ください!
https://www.youtube.com/watch?v=XjLCGIP8fJg

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/

【ワンポイント中国語】お金の単位

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

中国に行った事のある方、特に
留学や駐在などで長期間住んでいた方には当たり前の内容ですが、
そうでない方には当たり前でないのが「お金の単位」。

「元」という単位は誰でもご存知ですが、
実は「元」以外にもお金の単位が存在します

さらに、現地では実は「元」という言い方はあまりされていないんです!

という、中国の「お金の事情」についてご紹介した動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=TPeicmVrwng

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/

GO TOP