FC2ブログ

日本語そっくり!方向補語(2)






●たなっく中国語レッスンの詳細はこちら●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

●次回勉強会のお知らせ●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-912.html


方向補語の解説の続きです。
今回は、補語の部分が二文字になる場合の考え方・使い方について見ていきます。

前回記事をまだご覧になっていない方はこちらをどうぞ
yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-969.html

「教室に駆け込む」という動作を例に取ると、

走っている当人と廊下でそれを見ている人にとっては、教室に「走って入って行く」ので「跑进去」、逆に教室の中の人からすると「走って入って来る」という事で「跑进来」。

「進入」の考え方も全く同じです。
運転手は駐車場などに「運転して入って行く」ので「开进去」、駐車場内にいる人(例えば誘導員)から見ると、車は「運転して入って来る」ので「开进来」。
------------------------
今までは、目に見える具体的な動作を例を挙げてきましたが、抽象的なものでも考え方は全く同じです。

例えば「言葉にできない」「うまく言えない」という状況はよくあります。
ここでの「言葉にする」はつまり「話す」という意味ですが、声は見えない存在なので、その方向も見ることはできません。

ちなみに「言葉にする」は中国語では「说出来」と言います。
言葉(声)が口の中から「出て来る」という事で、考え方は日本語と同じです。
見えないけど理解するのは難しくありませんよね。
------------------------
当然ですが方向が目に見えず、さらに日本語と考え方が違うものもあり、これが相当やっかいな存在です。
しかもこれだけでなく、
・否定文はどういう形になるか
・目的語はどこに入れるか
なども非常に複雑で難解な問題です。

ここまで来ると完全に初級の域を超えて上級レベルの話になってくるのでここでは触れません(一つ一つ丸暗記でいいと思います)が、2回にわたってご紹介した基本的な使い方がわかるだけでも表現の幅が大きく広がるので、まずはこちらをしっかりマスターするようにして下さい!
ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

初回限定【送料無料】白だしお試しセット

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP