FC2ブログ

わかりやすい「存現文」講座(2)







●たなっく中国語レッスンの詳細はこちら●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

●次回勉強会のお知らせ●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-912.html


前回の説明で「存現文とは」、つまり

不特定なモノを特定させる、とは」

についてかなりご理解いただけたと思います。

今回は、具体的な例を使って更に説明していきます。

存現文に使われる単語はいくつかありますが、何と言っても「有」がその代表選手です。

「中国人の友達が来月日本に来る」
という文を例に見ていきます。

この中国語文は、存現文の角度から見れば
「我有个中国朋友下个月来日本」
となります。

これは、まず
「中国人の友達がいる(我有个中国朋友)」
と言う事で、話し手と聞き手の両者に「中国人の友達」について共通の認識を持たせ(話題を特定させ)、その上で
「(その友達が)来月日本に来る」
とさらに説明しているという訳です。

ちなみにこちらの動画では「存現文」という名前こそ出していませんが、実は存現文の説明をしています。
前回と今回の記事をお読みいただいた上でご覧いただけると、さらに理解が深まるかと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=pGX2UhJI48Q

これらの説明で、「特定とはなんぞや」という疑問がかなりスッキリしたのではないでしょうか?

「特定・不特定」は非常~に大切な考え方なので、まずは前回と今回の説明を何度も読んでいただき、並行して特定・不特定の例をたくさん考えてみてください!

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

トリートメントでまっすぐな髪へ


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP