FC2ブログ

声調が崩れて良いこともある






●たなっく中国語レッスンの詳細はこちら●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

●次回勉強会のお知らせ●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-912.html

私の個人レッスンでは、どなたにも発音(特に声調)をみっちり練習していただいています。
なので、私を信じてついてきて下さる生徒さんは必ず発音が上達しますし、中には
「発音が全然ダメなので一から直して欲しい」
とレッスンを始めて、数ヵ月後には
「発音がとてもうまい」
とネイティブの先生に褒められるようになった
生徒さんもいらっしゃいます(こちらの記事でご紹介しています)。

そんな私が当記事のタイトルのような事を言うことに、矛盾を感じるかたもいらっしゃると思います。

少し種明かし?をすると、
感情がこもる場合、文末は本来の声調に囚われず気持ちを素直に表してよい
んです。

具体的に、どんな時にどんな発音になるのか?
一例ではありますが、以下の動画でご確認下さい!
https://www.youtube.com/watch?v=IF4mZDF8Hug

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP