FC2ブログ

【超重要】中国語には過去形はありません!!






●たなっく中国語レッスンの詳細はこちら●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

●次回勉強会のお知らせ●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-912.html

先日、Facebookでとある方の投稿に今回のタイトルのようなコメントをつけさせていただいたところ、多くの「いいね」をいただきました。
「たくさんの方に喜んでもらえるかも」
ということで、中国語の時制(時の表し方)についてまとめてみることにしました。

まず大前提として、ほぼ100%の日本人が一度は誤解するであろう「了」、これには過去を表す用法はありません。

過去を表す文には、結果的に『了』が付くことが多いだけ
というのがより正確な言い方です。

あくまで「多い」というだけであって、「了」がない過去の文も、逆に未来を表す文に「了」が出てくることもごく普通にあります。

もっと言うと、「動詞の活用」を考慮に入れれば「中国語には本当に過去形というものがないんだ」と強く実感していただけると思います。

「行く」の過去形は、動詞を活用し「行った」となりますね。
英語の「go」も、同じく動詞を活用して「went」で過去を表します。

では「去」の過去形は?
「了」をつけて「去了」?

多くの方がこう答えてしまうと思いますが、違いますよね。
なぜかというと、これは動詞に「了」という別の成分をくっつけたのであって、動詞そのものは活用されていません。

ましてや、「去」の上半分の「土」という形を「士」にすると過去形になる、なんて話でも当然ありません。

という訳で、
中国語には動詞の活用が存在せず、日本語や英語とは別の方法で時を表す
(日本語や英語の考え方が通用しない)という事になります。

まずは、この点をしっかり意識するようにして下さい!

次回は、実際に過去の文をどう作っていくか、についてお話します。
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-927.html

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

【人気&激安カラコンショップHOTEL LOVERS】



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP