FC2ブログ

バランスの「悪い」学習が大切!!



7億当たったらどうしますか?


●たなっく中国語レッスンの詳細はこちら●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

●次回勉強会のお知らせ●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-912.html


※説明の簡略化のため「読解」と「聴力」の二種類に大別して説明しています。

日本人の中国語の実力とHSKが提示する目安の間には大きな乖離がある。
読解力と聴力のバランスが取れていない。

というのが前回のお話でした。
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-923.html

なぜそうなってしまうのか?
どうすればバランス良く中国語力をアップできるか?

が今回のテーマです。

まず「バランスが悪い」という結果についてですが、この原因は
読解と聴力をバランス良く勉強してきたから
です。

前回もお話ししたように、日本人は中国語の学習を始める時点でバランスが取れていません。
「スタートの時点でアンバランスなのに、そのままバランス良く勉強していったら、そりゃ結果もアンバランスなままでしょう」
という、ある意味極めて当たり前な理由です。

ここまで来れば、
「どうすればバランスの良い結果を手に入れられるか」
はもうおわかりですよね?

そう、今回のタイトルにあるように
聴力アップに重きを置いた、バランスの悪い勉強をすること
です!

しかも、「聴力に偏りぎみ」では全然足りません。
イメージとしては、8:2とか、もっと言えば9:1くらい。極端すぎるくらい聴力に重きを置くことです。

これは、学習初期(初心者)であればあるほど大切なことです。

ごく初期のうちは
「你好」「很好吃」「我也很好」
といった極めて短い文の勉強が多く、日本人であれば意味を捉えるのに大した苦労は必要ありません。

その代わり、多くの日本人が苦手とする声調は、それこそ「你好」からずっとつきまとってきます。
ピンイン(舌の使い方は、口の形は・・・など)も「初級だから」などと待ってはくれず、新しいものが容赦なく登場してきます。

つまり、初めからバランス良く勉強するという事は、やる必要のない所に余計な時間をかけ、逆に必要な勉強に十分な時間を充てることができず、しっかりとした基礎が身につかなくなるという事につながります。

その結果、せっかく頑張ってきたにもかかわらず自分の中国語がネイティブに通じず、最悪の場合
「今までの努力は何だったんだ」
「中国語は自分には難しすぎる」
と挫折に向かうことになり兼ねません。

挫折したり、そこまで行かなくても、勉強したりしなかったりという時期があった、という方は実際に少なくないはずです。

なので、まだ中国語を始めたばかりという方はもちろん、勉強を始めてある程度経つ(のに読解と聴力のバランスの悪さを感じている)方も、すぐに「バランスの悪い勉強」に切り替えることを強くお勧めします。

もちろん私のレッスンは「バランスが悪い」です。
どのくらい「悪い」かと言えば、先日の勉強会で「yun」というピンイン1つで、なんと30分も話をしたくらいです。

みなさんの学習環境はいかがでしょうか?
「バランス悪く勉強できる環境」に身を置けていますか?

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

ズキズキする…そんな時は「ズキガード」


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP