【ワンポイント中国語】第三声の正しい考え方




半年で話せるようになることも可能な英語スピーキング習得プログラム(特許申請中)


●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

事あるごとに以前から強調しているのですが、第三声を巷で言われているような「ゆったりとしたVの字」で発音している限り、声調が安定することは一生ありません

「ゆったりVの字」の第三声は、日常会話ではほとんど登場しません。
頻繁に使われる「正しい第三声」の説明はこちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=BJvwkldpCIs

また、数ある声調の組み合わせのうち、第三声+第二声というパターンは日本人が一番と言っても過言ではないくらい苦手とするもので、上級レベルの話者でさえ正しく発音できていないというケースすらあります。

第三声+第二声の、日本人にありがちな間違え方、それにこのパターンを正しく発音するための方法について、以下の動画でご確認下さい!
https://www.youtube.com/watch?v=j-bOZFQI6HI
https://www.youtube.com/watch?v=P8PD1N2zeCA

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP