上海だより(その3)驚異的なサービスレベルの向上



【2ヶ月で実感を】ニキビに特化した薬用化粧水!健肌の源


●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

電子決済と同じくらい、いやそれ以上に中国に行くたびに注目するのが「服务态度」なのですが、今回も本当に驚かされました。

一部のサービスは、日本では到底なしえないレベルにまで達しているとさえ思いました。

まずホテルでのチェックイン時、フロントで少しの待ち時間がある時にお茶のサービスがありました。
日本ではチェックインにかかる時間が短いのと、そもそもあまりホテルを利用しないというのもあるでしょうが、このサービスは日本では見たことがないなーと感心しました。

あとサービスとは話が少し違かもしれませんが、出てきたお茶(麦茶)がぬるかったのも印象的でした。
「お茶と言えば熱いもの」
というのが伝統的な考えですが、激変する社会の中で伝統的な価値観も大きく変わってきているのかなーと思いました(ただ、冷たくなかったのはやっぱり中国だなーとも思いました)。

もうひとつ、これは個人的には非常に衝撃的な出来事でした。

ホテルのレストランでの夕食時、日本側クライアントが麻婆豆腐をご所望だったものの、服務員いわく
「豆腐を切らしている」
とのこと。

「残念、じゃあ他の物を」
というのが普通の流れですが、ここでなんと、
服務員が豆腐を買いにスーパーまで行ってきてくれたんです!

しかも、同席していた中国側クライアントに聞いたところ

「教育されたのではなく、自主的に判断してやっている」

とのこと。
これが日本なら、レストランの接客係が個人的判断で買い物に行くことは許されず、少なくとも上司の確認を取ってから、となるはずです。

これは、日本という社会では絶対にできないサービスだと思わされました。

あと、去年8月に中国に行った時もそうだったのですが、みな笑顔で話し方もていねいで、街中で不愉快を一度として感じることがありませんでした。
これは、一昔前の中国を知っている方からするとあり得ない事です。

参考までに、2002年に体験した「サービス」をこちらで紹介しております。
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-272.html
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-273.html

唯一、空港での出入国手続きの時に笑顔がありませんでした(まあこれはどの国でも同じかと思います)が、ビザのはんこを静かに押すようになっていたのは見逃しませんでした。

中国全体で、サービスのレベルは確実に、しかも急激に向上しています。
次回の訪問時にどのように私を驚かせてくれるか、今から楽しみです。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

自宅で本格脱毛と美顔がなんと1台で!「ケノン」




スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP