上海だより(その1)「反恐安検」



トリートメントでまっすぐな髪へ


●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

25日から27日まで、通訳業務のため上海に出張しました。
25日の夜に上海に到着、26日は一日クライアントに付き添い、27日の朝にはもう帰国、という弾丸スケジュールで「上海をじっくり観察」とはとても行きませんでしたが、それでも様々な発見がありました。
------------------------------------
まずは「反恐安检」(反テロ安全検査)です。

上海・浦東空港に到着し、まずやったことがなんと「指紋採取」!
中国人と外国人で通路が分かれ、外国人用通路の先では両手10本指の指紋採取が待っていました。

しかもこれでは終わらず、入国審査をしていてパスポートの写真と実際の顔を照合している間も、もう一度左手の指紋を採取しました。
最初に採取した指紋と一致するかどうかの確認でしょうか?

さらに、こちらは帰国の日ですが、空港の建物に入るとまずボディチェックをされました。
出入国の時ほど厳しくはありませんでしたが、「反恐安检」と背中に書かれた黒いシャツを着てのボディチェックはものものしい雰囲気がありました。

何回も中国の国際線を利用したことがありますが、いずれも初めての経験でした。
「上海から国際線に乗るときは、2時間前でなく3時間前到着」
と以前から聞いたことがありますが、その理由は単に「人が多いから」というだけではなかったんですね。

こういう事を目の当たりにすると、良くも悪くも日本が如何に平和か、よくわかります。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP