【ワンポイント中国語】書き言葉も意外と大事







●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

どの言語も同じだと思いますが、話し言葉と書き言葉にはある程度の区別があります。
中国語の場合、話し言葉と書き言葉の乖離が非常に大きく、にもかかわらず会話の中に書き言葉が登場することが多いのが特徴と言えるかも知れません。

その理由は語呂合わせにあります。
中国語は語呂合わせをとても大切にする言語であり、もちろん日本語でも語呂合わせのために敢えて変わった言い回しをする事はありますが、中国語におけるその頻度・重要度は日本語の比ではないと感じます。

その典型例とも言えるのが「成语」だと思います。
経験から得られた教訓を、昔の中国語で、しかも4文字に圧縮しているんです。よくよく考えればこんな不自然な表現もありませんよね。

一定の型に当てはめるというのもよく見られます。
「〜してもしなくても良い」という言い方、例えば「あってもなくても良い」は「可以有,也可以没有」で全く問題ありませんが、ネイティブは「可有可无」と4文字で引き締まった?言い方をします。

日本語の「無」に当たるこの「无」は会話の中に頻繁に登場する書き言葉の雰囲気漂う表現で、他によく使われる形としては「有增无减」(増えることはあっても減ることはない)というものがあります。
これは、中国語の語呂合わせの大切さに気づき始めた留学中、「有增」と言って先生に上記のように直されたことをはっきりと覚えている思い出深い?表現です。

これを使いこなして少ない文字数で言いたいことをズバッと言えるようになると、
「コイツなかなかやるな」
とネイティブから一目置かれる事間違いなし!

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP