【ワンポイント中国語】学習者が声調を難しくしている?





●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

声調は難しいです。
その理由は「日本語にない概念であるため」で(厳密には多少なりとも似た概念はあります)、ここまでは大半の方がお気づきのことと思います。

ただそれだけでなく、声調が難しいもう1つの理由、これは「学習者が声調を難しくしてしまっている理由」と言い換えることもできます。

それは「声調を信じられない」ということです。
例えば、昨日個人レッスンで出てきた
「大卫在教室吗?」(デビッドは教室にいますか)
という文は、6文字中5文字が第四声です。

「今天星期三,新加坡阴天」(今日は水曜日、シンガポールは曇りです)
に至っては10文字とも第一声で、これに至っては「究極の棒読み」とすら言えるかも知れません。

さすがにこんな発音は日本語にはないため、声調ひとつひとつを正しく発音する技術は持っているものの

本当にこんな発音で合ってるの?

という不安の影響で声調がブレてしまうという方は多いです。

この対策としては、まずは講師を信じて言われた通り頑張っていただくしかありません(ちゃんと矯正できない講師についている方や独学の方はこれすらできないので、かなりの苦痛を伴うでしょう)。

ある程度学習を重ねてきたら、勇気を持ってネイティブに対してアウトプットしてみる事です。その1つとして、先日ご紹介した「会話サークルに参加する」のは良い選択だと思います。
それは、こちらのコラムでもオススメしているように「会話サークルを、日頃の勉強の成果を試す場と捉えての参加だから」です。

そして、
「本当にこの発音でいいんだ」
と気づけたらラッキー!
迷いが晴れて、今まで以上に高いモチベーションで勉強に臨むことができるようになるかもしれませんね。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

ROUND1スポッチャのバランススクーターはチックスマート



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP