【ワンポイント中国語】台湾華語について







●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

ここ数年、日本で台湾ブームが巻き起こっているのを感じます。
2011年の東日本大震災の際に台湾がいち早く支援を表明してくれたのがきっかけと言われていますが、何はともあれ仲良くするのは良いことですね。

で、周囲で「台湾語の勉強を始めた」という声もちらほらと聞きますが、よくよく話を聞いた結果、本当に台湾語を始めた方は今のところいません。

みなさん、台湾華語のことを台湾語と勘違いしているようです。
台湾華語というのは、大半の外国人が学ぶ「普通话」に非常に似ている言語で、普通话がわかれば台湾華語もそれほど支障なく理解することができます。

台湾華語の特徴はこちらの動画で説明しています。
https://www.youtube.com/watch?v=f6d5KI7hyl4
https://www.youtube.com/watch?v=fhQ8i00MyNg

それに対し、台湾語は福建省を中心に使われている中国語の方言のひとつ「闽南语(min3 nan2 yu3)」にルーツを持ち、普通话とは似ても似つかぬ発音で別言語のように聞こえます。
普通话や台湾華語の知識だけではとうてい歯が立ちません。

ただ、台湾語で話をすると台湾人はすごく喜んでくれるので、1~2フレーズでもいいので覚えておくといいかもしれませんね!

以下は、台湾人の友人の発音を耳コピ(?)したもので、数字は普通话の声調です。
正確な発音ではないかもしれませんが、声調が正しければしっかり通じるようです。

・わー2 しー2 りっ3 ぷん4 らん(私は日本人です)
・どぅお1 しゃー1(ありがとう)


ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP