【留学と私】その81:北京五輪前の中国自転車事情(その2)


【人気&激安カラコンショップHOTEL LOVERS】


私の留学期間は約5年半ですが、最低でもその間に5台以上の自転車に乗りました。
その理由は、前回コラムでご紹介したように自転車がすぐ壊れてしまったから、ではないんです。

正解は「盗難」です。

いやー本当によく盗まれました。
路上駐輪している際に盗まれるのはもちろん、学内(しかも留学生寮の敷地内)でも盗まれたこともあります。

色々な自転車メーカーがあったと思いますが、中でも質が良いと評判の五羊製は「人気商品」だったようです。

対策と呼べるほどのものではありませんが、
自転車がきれいだと盗まれやすい
という話も聞きました。
私が五羊の中古を買ったのも、質ももちろんですが盗難を考慮に入れたのが理由です。

日本人にとっては「自転車2,000円」と聞いたら間違いなく「安っ!」となりますが、あれだけ盗難が多かったという事は、当時の中国人にとっては必ずしも安い買い物ではなかったということですね。
最近初めて中国に行ったという方には、にわかには信じられない話だと思います。

その点、前回ご紹介した記事にある通り、シェア自転車は30分でたった1元と非常にお安く利用することができるし、更にレンタルアプリに個人情報を登録しているので盗んだりといった悪事を働いても割に合わないです(簡単にですが、個人の信用度の可視化についてこちらのコラムでご紹介しております)。

コラムを読んでいて
「今の中国は自転車の盗難が劇的に減ったんだろうなー」
とふと思ったのが、留学時代の自転車事情についてご紹介しようと思ったきっかけなのでした。

ちなみにもう1回だけ続きます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

短期間で話題のアブクラックスを手に入れる!
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP