FC2ブログ

中国語でも肩身の狭い「四」!?【ワンポイント中国語】

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。




日本語では「四」という漢字は「し」と読めて「死」につながる、という理由で避けられる傾向にあります。

実はこれ、中国語も同じです!
「四」は「si4」と読みますが、「死」の字は中国語で「si3」となり、ピンインが同じであるため中国語でも可愛そうな立場にあります。

一方、同じ数字でも日中で解釈が異なるのが「」。
日本語では「く」と読み、それが「苦」を連想させるということでやはり敬遠されがちですが、中国語では「jiu3」と読み、これは「久」(久しい、永遠)と発音が声調も含めて全く同じであることから、逆に縁起の良い数字になります。

数字とは無関係になりますが、ネイティブに時計をプレゼントするのもよろしくありません。
「送钟」(時計を送る、プレゼントする)
という言葉は
「送终」(最期を見届ける)
という言葉と発音が全く同じになってしまうので、プレゼントとしてはふさわしくありません。

ちなみに「取締役島耕作」という漫画でも、出発集団のCEO孫鋭氏が部下のクーデターを事前に見抜き
「お前はもう終わりだ」
という意味をこめて時計をプレゼントしたシーンがあります。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP