FC2ブログ

【ワンポイント中国語】英語の知識は・・・

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。




先日、友人に
「英語を始めようと思うが何から始めたら良いか」
と質問されました。

幸い?私は中高では英語(だけ)はまあまあの成績で英語の知識もそこそこあるため、友人も私のアドバイスに満足してくれたようでした。
----------------------
よく
「英語と中国語は同じ(似ている)」
と言われますが、一体誰がそんな無責任なことを言い出したのか?といつも疑問に思っています。

英語と中国語、細かいところは別として、共通点と言ったら「基本文型はSVO」くらいしか思いつきません。
しかも、この基本さえあてはまらない事も中国語ではしばしばあります。

疑問文の作り方も違いますよね。
英語は単語の並び方が変わりますが、中国語はむしろ日本語と同じで変わったりはしませんし、文末には「吗」をつける(※)のに対し、日本語では「か」をつければ疑問文になるという点も似ています。

文法面での違いはまだまだありますが、発音面でも大きく異なります。

まず英語には声調がないのが最大の違いでしょう。

あとピンインレベルでも、英語はカタカナ発音でもそこそこ通じますが、中国語だと通じないことも非常に多いです。
また共通点も少なく、英語の発音知識はLとR、FとH、アル化など一部を除き中国語を学ぶ上で役に立ちません。
----------------------
なんだかんだ言って日本人は英語の知識が結構あります。
それ自体は悪いことではありませんが、中国語を学習する上で、無意識に英語の知識で中国語を考えようとしてしまう点は問題です。
これは、自称「英語ダメダメ」な方にも当てはまります。

なので私はレッスンの際、英語が得意な生徒さんであればあるほど
「英語の知識が当てはまる場面、当てはまらない場面」
をしっかりとお話しするようにしています。


英語が苦手な方はもちろん、特に得意なかた!
お気をつけ下さい。

(※)「吗」の正しい使い方はこちらで解説しています
https://www.youtube.com/watch?v=vTVFgqwbJZw


ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP