【ワンポイント中国語】母音は平等に発音してあげましょう(2)



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
または
こちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

一部のピンインは、日本人がイメージするのとは異なる発音をする場合があります。
その代表ともいえる例が「hu」の後ろに「a」または「i」という母音が続くピンインです。

例えば「花」という字のピンインは「hua」ですが、これを「ふぁー」と読んでしまう方が非常に多いです。
まず前回の内容を基にすれば「ふあ」となりますが、実はこれでもまだ正解ではないんです。

「hua」「hui」の「u」は、実際は「o」の発音になります。

「機動戦士Zガンダム」というアニメにファーという中華系(という設定らしい)人物がいるのですが、正しい発音は「ホア」で、実際、留学時代に付き合っていた中国人の彼女はちゃんとそう発音していました。

ただ、このネタを生徒さんに話しても「知らない」という方が多く
「代沟(ジェネレーションギャップ)なのかなぁ」
と寂しくなることが多いです。笑

閑話休題。

「hua」だけでなく「huan」「huang」も「ふあん」ではなく、まして「ふぁん」でもなく「ほあん」が正しい発音です(前鼻音と後鼻音については、今回の話題とは関係ないので敢えてまとめて説明しました)。

次に「hui」の例ですが、これはもう「回」を出さない訳にはいかないでしょう。
なにせ、「回鍋肉」と書いて「フイコーロー」ではなく「ホイコーロー」と読む、という身近な例があるのですから。

このような「表記と発音が異なる(ように日本人には思える)」という例について、動画でいくつか紹介しております。
https://www.youtube.com/watch?v=QJpXjsvEF_E
https://www.youtube.com/watch?v=l9Y8TsopMVk
https://www.youtube.com/watch?v=xXzZOliTiPE
-------------------------------------
という訳で、改めてまとめです。
母音が複数並んでいる場合(二重母音、三重母音)は、全ての母音をちゃんと発音してあげましょう。
そして、中には想像と違う発音もあるので要注意!

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

どっさり出続けるから分かる実感!!




スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP