【ワンポイント中国語】「了」の考え方のヒント

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


「了」の使い方は日本人には非常に特殊に感じられ、
「研究者でさえも使い方を間違えることがある」
とまで言われる文法です。
(本当かどうかはわかりませんが、それくらい難しいという意味です)

なので、もう数年も勉強している方でも
「まだ使い方がよくわからん」
と感じていると思いますが、それも当然のことと言えます。
(学習暦が浅い方は「『了』は過去を表す」と誤解しているケースが
 圧倒的に多いため「使い方がわからない」という疑問は逆に湧きづらいです)。
学習者の努力が足りない訳では全くありません。

このように手に余る文法である「了」、実は

我々が日ごろ使っている日本語の中に理解するためのヒントがあります。

それは「~した」という形です。

一般的には過去形と認識されていて、それも間違いではないと思うのですが、

「完了形」の側面も持っている

ってお気づきでしょうか?

例えば喫茶店でお茶を飲んでいて
「これ飲んだら行きましょうか」
という会話の「飲んだ」は、どう考えても過去の話ではなく、

むしろ「未来における動作の完了」ですよね?

これが、まさに「了」の使い方なんです。

という訳で今後は、無意識に使っている日本語のうち
「動作の完了」という点について積極的に意識してみてください。

それを続けることが「了」に対する感覚を養うことにつながります。

もちろん、私の個人レッスンでは具体例もたくさん出して
みっちり学んでいただいているので、とある生徒さんは
「まだまだ難しい、使いこなせない」
とは言いつつ、かなり理解が深まってきたということを
ご自身で感じていただけるまでになってきています。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP