【ワンポイント中国語】辞書を引きましょう

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
こちら ↓ に、応援のワンクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

前回の【ワンポイント中国語】では、
辞書を使った「離合詞の見抜き方」についてご紹介しました。

辞書からでないと得られない情報はたくさんあります。
辞書を引くのはとても大切です。

なーんて事は誰でもご存知なのですが、ところがどっこい、
なかなか忠実には守れません。

この記事を読んで下さっている方でも、「散歩」や「留学」といった単語を、
(発音でなく)使い方を調べるために辞書を引いたという方は非常に少ないと思います。

日本人はなまじ漢字(や単語)の意味がわかってしまうので、
一目見ただけでわかった「つもり」になりがちです。

そうして基礎をおろそかにしたまま知識だけが増えていき、レベルが上がるに従って

「中国語文法がどんどん意味不明に思えてくる」

「『正しい中国語』を全然わかっていなかった、と気づく」

という、これがいわゆる「さまよえる中級者」が生まれる原因のひとつだと考えています。

もちろん「辞書を引きさえすればこの問題を解決できる」というほど
中国語は甘い言語ではありませんし、

疑心暗鬼になったかのように単語の意味を疑い辞書を引きまくっていた私にも

「本当にこんな勉強をしていて上達するのだろうか」

と悩んだ時期が留学中に2年ほどありました。

ちょっとしたコミュニケーションさえ取れればよいというのであれば別ですが、
長期的にしっかりとマスターしていきたいという方は、
最低限辞書をもっともっと活用すべきです。

あとは、辞書の内容をちゃんと教えられる先生を探し、

日本人だからこそ陥りがちな「罠」を事前にしっかりと把握する

という方法も非常に有効です。

「教材選び」は誰でも意識することができますが、実は

「先生選び」はそれよりもずーっと大切

なのです。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP