【ワンポイント中国語】英語の影響~「是」の多用~

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
こちら ↓ に、応援のワンクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

【ワンポイント中国語】英語の影響~「是」の多用~
※レベル:初心者~初級者向け


中学時代、塾の先生が
「英語の文は動詞がないとどうしようもない
とおっしゃったを今も覚えています。

このダジャレが笑えるかどうかはともかく、
英語において動詞が如何に大切か、は理解することができます。

が、中国語においてはこの英語の知識が悪影響を及ぼすことも多く、
「is, am, are」に似た使い方をする「是」を誤用(多用)するケースがよく見られます。

(単純化した後の)日本語訳が
 『AはBです』
 という文で、Bが形容詞の場合『是』は使わない


というルールがありますが、ついつい
英語の「He is smart」という文に引っ張られて「他聪明」としてしまう、
という間違いは誰もが犯したことがあるはずです(正しくは「他聪明」)。

--------------------------------------------
<文法アレルギーがない方向けの説明>
中国語では、動詞の他に形容詞や一部の名詞も述語になります。
上記はその典型例です。
--------------------------------------------

上記の間違いは自称「英語全くダメ」という方にも普通に見られる現象です。
それほどまでに、学生時代に勉強した(させられた、も含め)英語が
中国語学習に与える影響は大きいんです。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP