【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】中国語と英語の文法は本当に似ている?

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
こちら ↓ に、応援のワンクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

題名の件、「No」のパターンの方が圧倒的に多いです。

SVOが基本なのは共通ですが、やや乱暴な言い方をすれば
共通点はこれだけ」と言っても良いくらいです(条件次第では、これすら変わってきます)。

例えばSVO以外の成分。
英語は大半が文末に来ますが、中国語の場合は主語と動詞の間が多いです。

I go to school with you.
跟你去学校。

I study Chinese in China.
在中国学汉语。

他にも、
・英語は動詞のみ述語になれるが、中国語では形容詞も述語になる
・中国語は条件によっては「把」を使うなどしてSOV(日本語に近い並び)になる(英語はない)
・主語が動詞の後に来る事もある
などなどの相違点があり、英語ができる方にとっては逆に要注意!な点がたくさんあります。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP