【ワンポイント中国語】初心者にお勧めできない勉強「自己紹介」(2)

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
こちら ↓ に、応援のワンクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村


今回は
「我是~」という表現は自己紹介以外にも幅広く使えるのにそれを勉強しない理由
についてお話します。

その理由は、一言で言えば「発音が難しすぎるから」です。

「是」は反り舌発音なので初心者には難関発音ですが、
それだけが難しいのではありません。
日本人の名前は漢字4文字が圧倒的に多く、
これを「我是~」の文に当てはめるだけでも6文字の文になってしまいます。
これだけでも、初心者にとってはかなりの長文です。

そして、その1文字1文字にピンインがあり、声調があります。
声調だけでもたいへんな苦労をするというのに、そこに
反り舌、ウムラウト、有気音や無気音などといった複雑なピンインが入ってくるんです。

初心者の方が、このような非常に高いハードルをクリアして
正しい発音で自分の名前を言えるでしょうか?

いきなりこのような難易度の高い練習をする意味があるでしょうか?

これが、私が初心者の方には自己紹介を教えない最大の理由です。
(「初次见面」「请多关照」をやらないもう1つの理由です。
 4文字であっても、初心者にとっては難易度はかなり高いです)

それに、相手が自分の名前を知らなくても特に問題はありません。
日本語では相手のことを「あなた」と呼ぶのはあまりよろしい事ではないので、
名前を覚えるのは大切な事ですが、中国語では「你」という非常に便利な単語があります。
もちろん、初対面の相手に「你」と言っても失礼に当たりません。

以上のように、自己紹介の表現は初心者にはハードルが高すぎて、
しかもそもそもネイティブがあまり使わないので、
初心者は、自己紹介以前に優先的に勉強すべきことがある
という考えに基づき、初心者の方には勉強をお勧めしておりません。

「中国語、こう勉強すべき!」
という情報はたくさんありますが
「中国語、こういう勉強はしてはいけない!」
という情報は多くないように思われます。

今回の「自己紹介」はまさにその典型ですし、また、
以前から「中国語の歌で勉強してはいけない!」というお話もしています。
その理由については、こちらの動画をご覧下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=boMndDVVDzM

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP