【ワンポイント中国語】「好」は「あいさつ」と訳すと良い!?

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
こちら ↓ に、応援のワンクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

私はよく
「『好』をつけるとあいさつの文になる」
という言い方をします(例:「早上(朝)」+「好」で「おはよう」)。

この仕組みがわかれば「你好」がなぜ時間に関係なく使えるあいさつなのか、
わかるようになります(以下の動画でその理由を説明しています。ご存じない方はご覧下さい)。
https://www.youtube.com/watch?v=tcaktn6F-4I
https://www.youtube.com/watch?v=5Q7VhE1jevI

ですが、先日個人レッスンをしていて
「『好』を直接『あいさつ』と訳してみたらどうか?」
と思いました。
例えば、

早上好:「朝」+「あいさつ」→「朝のあいさつ」→「おはよう」
大家好:「みなさん」+「あいさつ」→「みなさんに対するあいさつ」→「みなさん、こんにちは」

という具合で、こうすると、

新年好:「新年」+「あいさつ」→「新年のあいさつ」→「明けましておめでとう」

となり、使い勝手が良くなるかも!と思ったのです。

もちろんこれは、「好」の非常にたくさんある使い方の一部にしかすぎませんが、
「好」という文字を理解する上で少しでも助けになれば、と思います。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP