【留学と私】その71「秋裤」

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


秋裤(qiu1 ku4)というのは「ズボン下」という意味で、
その名の通り、寒くなってくる秋以降ズボンの下に履きます。

私が留学していた内モンゴルは、
冬はそれこそマイナス20度以下にまで下がるような地域なので、
こういう物を履く習慣のない日本人にとっても必須のアイテムとなります。
(ちなみに、日本の北海道や東北地方では、女子高生など冬でも
 スカートだけだったりしますが、それは中国人にとっては「あり得ないこと」です)

私ももちろん留学するまではそんな習慣はなかったのですが、
「背に腹は替えられぬ」
ということで履いてみると、これがまた気持ちがいいんです!
騙されたと思って、薄いタイツ1枚でも良いので履いてみて下さい。
下に1枚履くと上を1枚脱げるというくらい温かくて気持ちよく、
帰国してすっかり日本人に戻った今でも、冬になるとヒートテックを履いてます(笑)

で、この秋裤にはズボン下とは思えないほど厚みがある物もあり、
一見しただけだとズボンのように見えます。
という訳で現地人は、ズボンの試着でも試着室をわざわざ使わずいきなりズボンを脱ぎだします。
男性だけでなく女性もそうするので、初めてその現場に出くわしたときは
「おいおいおいおいおい(汗)」と焦ったものでした(笑)

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP