【中国関連コラム】一人っ子政策廃止について

一人っ子政策廃止
のニュースはみなさんも耳にされたかと思います。

2013年に
「夫婦のどちらかが一人っ子の場合、2人まで子供を作れる」
という政策ができましたが、

さらに1歩進んで、全ての夫婦が2人まで子供を作れるようになりました。

一人っ子政策が完全に廃止されることになります。

ただ、だからと言ってただちに人口増加が始まる訳ではありません

「結婚して子供を産み育てるだけが幸せではない」
という考え方が少しずつ浸透してきており、中国でも
丁克(DINKSの中国語)家庭
が増えてきています。

それに微博(中国版ツイッター)を見たところ
「今までは421(夫婦2人が子供1人と4人の親を育てる)だったのが、
 これからは422になって、夫婦の負担がさらに増える
という意見が圧倒的に多かったです。

という訳で
「一人っ子政策が廃止されただけでは高齢化問題の解決にはならない」
という意見もあります。

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP