【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】ピンイン表記「n」か「ng」か迷ったら・・・

ピンインをふる際、
「あれ?この漢字、nで終わったっけ?ngだったっけ?
と迷われた経験、かなり多くの方があると思います。

パソコンで変換する際、正確に覚えておかないと打ち出せなくなっちゃいますよね。

こういう場合に「日本人ならでは!!」という見分け方をお教えしちゃいます。

問題の漢字を「日本語で音読み」し、

「ん」で終わればピンインは「n」で終わる。
「ん」で終わらなければピンインは「ng」で終わる。

実際に見てみましょう。

「先」は、音読みすると「せん」。
「ん」で終わっているのでピンインは「n」で終わります(xian)。

「香」は、音読みすると「こう」。
「ん」で終わってないので「xiang」。

もちろん、注意すべき漢字、例外の漢字もあります。

・「」は「みん」と読むこともありますが、ピンインは「ming」。
・「」は「しん」とも読みますが、ピンインは「qing」。
・「」は「こう」と読むので「ん」で終わりませんがピンインは「ken」。
・「」は「びん」と読みますが「へい」とも読みます。
 この場合は後者を優先?し「ping」となります。

他にも例外はありますが、よく使う漢字という意味ではこの4つを覚えておけば十分でしょう。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP