<内モンゴルだより>内モンゴルの日本食屋

私が内モンゴルに留学していた時期(2002年~2007年)は、
私の知る限りでは日本食屋はフフホト(内モンゴル最大の都市)にあった
「千代川」以外知りません。
(2004年前後に、日本人が開いたお店もありましたが、1年前後で閉店してしまいました)

当時と比べると、当然のことですが日本食屋も増えました。


情熱居酒屋・串焼料理
「居酒屋」がお店の名前になってます。笑
1居酒屋


山木料理。
この写真のみ、フフホトでなく西の「オルドス」という街のものです。
2山木料理


ちびまる子ちゃん」!!(笑)
日本ではもちろん中国でも大人気のアニメから名前を取ったであろうこのお店、
実は私が帰国するのとほぼ同時期にオープンしたようです。
当時はオーナーが日本人で「とんかつなども日本で食べるのと大差なかった」とのことですが、
現在オーナーは日本人ではないとのこと。
3小丸子


「六本木」。これもオープンして数年経つようです。
4六本木


味千ラーメンもついに内モンゴルに進出!!
中国では大人気のラーメンチェーンですが、看板にモンゴル文字が!!
さすがに、これは内モンゴルでしかお目にかかれません。
5味千


「味千ラーメン」のモンゴル語表記。
読めるようになりたい方はレッスンしますのでご連絡ください
(笑。でも本当に教えます
6味千2


実は、この「丸熊ラーメン」は留学時代から存在していた日本食屋です。
留学したての頃に1度だけ食べましたが、見た目も味もとてもラーメンとは言えない代物で、
当時の日本人留学生の間では通称「まずくまラーメン」(笑)

まさか生き延びていたとは!!
7丸熊


★★★「ユーチューブde中国語」はじめました!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP