【ワンポイント中国語】声調をドレミで表す

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

声調というのは音の上げ下げなので、ドレミで表すことは不可能ではありません
実際、以前私も思いついたことはありますが、
この方法を実践できる方はほとんどいないと思い、手付かずにしたままでした。

そんなある日(と言っても今日ですが)、新しい生徒さんとのレッスンが始まりました。
そして、その方(楽器経験者)が正にこの方法を実践されていて、しかも驚くほど効果を上げていました!
そこで「誰でも使えるテクニックではない」という前提は崩せませんが、
音楽に強い方のために簡単にご紹介しようと思いました。

さて、第一声から第四声までは、ドレミに置き換えると以下の通りになります!

第一声:ソソ
第二声:ドソ
第三声:ドド(※)
第四声:ソド

第三声はVの字ではありませんので注意!
 その理由はこちらをご覧下さい。
 https://www.youtube.com/watch?v=BJvwkldpCIs

もちろん声の高さは男女差・個人差がありますが、
とりあえず生徒さん(女性)も私も上記の音で問題ありませんでした。

何か楽器をお持ちの方(ただし吹奏楽器を除く!笑)は、
それを使いながらでも良いかもしれませんので、
採り入れられそうな方は試してみてください!!

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP