【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】声調記号の位置

「声調記号は母音の上につける」
ということは、おそらくみなさん経験でおわかりかと思いますが、
例えば「hao」「guai」のように母音が2つ以上ある場合は、
迷わず正確な位置につけられますか?

今回は、「声調記号の正しい位置」を解説しちゃいます!!

まず、6つの母音(aeiouü)を
第一グループ: a
第二グループ: e o
第三グループ: i u ü
の3つに分けます。

そして、声調記号を置く優先順位は
第一グループ第二グループ第三グループ
となります。つまり
aという母音があったら、成長記号は必ずaの上に来る
ということです。
例:chāi、huà、jiāなどなど

第二グループと第三グループが混在している場合は
第二グループ第三グループ
ということで、第二グループの上に声調記号が来ます。
例:hēi、zuò、lüèなど

第二グループの2つは、ピンインの中で同居することがないのに対し、
第三グループは混在があります
その場合は「後ろの母音に声調記号をつける」というルールがあります。
例:zhuī、xiùなど


★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP