【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】「都」と「多」の「正しい」発音(1)

「都」と「多」、発音は簡単なようでいて実はかなり難しいです。
どちらも非常によく使われる単語で、
ある程度正確に発音し分けないとかなり通じづらくなります。
という訳で、両者の「正しい発音」ですが、幅広く応用できるようにするため
「ou」と「uo」の説明という形を取ります!

まず「ou」の発音について。
これは日本語の「おう」そのままでは通じませんので、分解します。
すると「e+u」という形になります。
(単純に「o」と「u」になる訳ではないのがポイントです。)

その上で「e」は、「え」の口を保ったまま、
できれば喉をややひきつらせつつ「おー」と発音しようとします。
次に「u」、こちらは日本語の「う」に比べて口をしっかり絞ります
私の場合は「ストローやタバコを吸う時の口」「おちょぼ口」などと説明しています。

これがそれぞれの発音方法で、慣れてきたらこの2つを切らずにつなげて練習します。

では「uo」はどうするか?
長くなってしまったので、こちらは次回ご説明します!

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP