【留学と私】その57「SARS(1)」

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


私が一時帰国したのが2002年の12月で、
留学先であるフフホトに戻ったのは3ヶ月後・2003年の3月上旬でしたが、
その時はまだSARSは話題になっていませんでした。
 
初めて「何か病気が流行っているらしい」と知ったのは、3月の終わり頃のことだったと思います。
バイトをしていた日本語学校の先生方と食事をしていた時に
「最近、南の方で病気が流行っているがこちらは問題ないので安心するように」
みたいに言われた記憶があります。
 
その後、ラジオで「ふぇいでぃえん」という、
今まで聞いたことのない言葉を耳にする日が増えていきます。
ちなみに、中国語の読みが「fei1 dian3」となることは聞き取れていたのですが、
辞書を引いても単語が出てきません。
 
後日、テレビか何かでわかったのですが、「ふぇいでぃえん」は
「非典型肺炎」の省略形「非典」
のことだと知ったのです。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP