【留学と私】その52「一時帰国(1)」

「内モンゴルの冬は『寒い』を通り越して『痛い』くらいだ」
ということは、こちら ↓ でご紹介しました。
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-309.html
なので、一日中氷点下の世界である12月にもなると、
外の池はことごとく凍り、天然の屋外スケートリンクが誕生します。
 
11月下旬のことだったと思いますが、
日本語学校の生徒さんである王勝文さんから「スケートに行きませんか」とお誘いを受け、
12月に入ってすぐ、某大学(別に伏せる必要があるのではなく、
単に学校名を忘れただけです)の敷地内にある池に行きました。
 
で、大学でスケートです。
「スケート靴は一体どうするんだろう?」
と疑問に思いませんか?
私はそこまで意識が回らず、疑問が頭に浮かぶ前に現地に着いてすぐ解決しました。
 
しっかり貸し出してたんです(笑)
 
学校と提携している業者なのか、それとも学校自体なのかはわかりませんが、
どんな事でも(たとえピンチであっても)商売のネタにしてしまう辺り、
中国人はさすが商魂たくましい、とミョーな感心をしてしまいました(笑)

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP