【時事中国語】未富先老(2)

前回ご紹介したように
「従来の『みんな等しく貧しく』という社会主義経済から脱却し、
豊かになるチャンスに恵まれた者からどんどん豊かになって行く」
これが先富論だと申しました。
 
ただ、これは実は第一段階で、第二段階が
先に豊かになった者が、まだ豊かになっていない者を引き上げる
という内容です。
ここまで実現して、鄧小平氏の先富論は初めて完成するのです。
 
第一段階については、かなり前から成果が出始めていますが、
第二段階については遅々として進展がありませんでした。
「豊かな者がますます豊かになり、貧しい者がより貧しくなる」
という貧富の格差が、特に都市と農村の間でどんどん拡大していきました。
 
そのため、改革開放世代が、第一段階がほぼ完成した現在においても余裕のある老後を送ることができず
老体に鞭打って働き続けざるを得ない状況です。
これが「未富先老」です。
 
ちなみに都市と農村の経済格差については、
前国家主席である胡錦濤政権時代から改善の兆しが見えています。
中国の田舎を旅行した際、現地の農家の方に話を伺ったことがあります。
その方いわく、胡錦濤政権よりも更に前、江沢民時代には「農業税」がありました。
しかし胡錦濤政権になって農業税の税率が下がり、撤廃され、
そして逆に補助金まで出るようになったということです。
 
ただ、それでも都市と農村の格差の拡大や社会保障制度の未整備など問題は山積しています。
逆に高齢者向けサービスに対する需要は有增无减(増えることはあっても減ることはない)ということであり、
この分野でビジネスが伸びていくことは間違いないと言われています。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP