【時事中国語】未富先老(1)

未富先老」という言葉があります。
直訳すれば「未だ富まず先に老いる」、少しわかりやすく言えば
まだ豊かになっていないのに高齢化が始まる
とでもなるでしょうか。
 
この言葉は鄧小平(邓小平 Deng4 Xiao3 ping2)氏と関係があります。
氏は、文化大革命の影響で瀕死の状態であった中国経済の立て直しを図り、
現代中国の驚異的な発展の基礎を築き上げ、
改革開放の総設計士
とまで評されるほどの人物です。
 
鄧小平と言えば「先富論」があまりにも有名です。
中国が「社会主義市場経済」への道を進む(改革開放)に当たり
「才覚があり、ビジネスチャンスをつかんだ者から先に豊かになって行こう」
というのが先富論で、
「不管黑猫白猫,抓住耗子就是好猫」
黒猫か白猫かに関係なく、ネズミを捕まえるのが良い猫だ
というセリフも有名です。
 
実は先富論には続きがあり、その部分が今回のテーマである「未富先老」と大きく関連しています。
その関連は次回で。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP