【時事中国語】プリペイドカード詐欺とLINE遮断(2)

プリペイドカード詐欺と中国国内からLINEアクセスが出来なくなったのが同時期であることについて
「どうやら理由がありそう」とご紹介したのが前回。
今回は、私が入手したその「理由」についてご紹介します!
 
まず、LINEでプリペイドカード詐欺のメッセージを受信した時に
相手を撃退できるキーワードについて聞いたことがあるでしょうか?
 
それは「天安門事件」です(笑)
 
ご存知ない方のために説明すると、天安門事件とは、1989年6月4日未明に発生した、
民主化を要求する中国人民を人民解放軍が弾圧した事件で、
LINEトーク上でこの単語を相手に送ることで、それ以上のトークが続かなくなるのです。
 
そして「天安門事件」は、前回ご紹介したGFWにいの一番に引っかかる
「敏感词」(min3 gan3 ci2、NGワード)でもあります。
 
という訳で、中国でLINEアクセスができなくなった理由が
日本人のLINEユーザーが乗っ取り犯を撃退するために
『天安門事件』というNGワードを使用するようになったため

というのです(笑)
 
私は、この理由を知った瞬間に爆笑してしまいました。
あくまでこれは一説であり、本当の理由は誰にもわかりません。
ただ、多少なりとも中国を知っている者としては
中国なら充分あり得るよなぁ
深く納得してしまうところです(^_^;)
 
ともかく、インターネット詐欺事件の被害総額は増加の一途を辿っています。
我々一人一人がしっかりとした対策を採っていき、乗っ取られたり、
更には加害者にさせられたりする事のないよう充分注意しましょう!

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP