【留学と私】その49「内モンゴルの四季(5):冬(白)」(1)

ついに来ました、内モンゴルのメインイベント(?)、冬のご紹介です!
 
まず内モンゴルの地理ですが、緯度としては日本の北東北地方の辺りになります。
 
なので、まず冬が長い!
大雑把に言えば、一年のうち半年が冬で、残りの半年を春夏秋で仲良く分け分けしてるという感じです。
 
「そんな北だと寒いでしょう?」
とよく聞かれますが、そんなとき私は
「寒くないよ、痛いけどね
と答えます(笑)
 
12月に入るとフフホトの最低気温はマイナス10度以下に落ち込み、
寒さのピークである春节(旧正月)前後はマイナス20度を下回ります。
あと、10年に一度くらいの割合で寒波に見舞われ、
その時は都市部でもマイナス30度に達します。
田舎はどうなっちゃうんでしょうね(^_^;)


13日の勉強会まであと3日、引き続き参加者を募集しております!
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-298.html

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



 
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP