【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】「要」の否定形いろいろ

「是」というおなじみの単語、これの否定形は「不是」だけです。
「有」の否定形も「没有」だけです。
 
それに対して「要」という単語の否定形は3種類あります。
単純に「不要」とするだけではないのです。
 
「要」で皆さんがよく使うのが「〜する必要がある」という用法だと思います。
これの否定形「〜する必要がない」は、実は単純に「不」をつけて「不要」、ではありません。
「不用」として、初めて「〜する必要がない」になります
両方とも日本語読みが「ふよう」なので、ちょっと覚えにくいかもしれません。
 
では「不要」はと言うと、禁止を表す「〜してはいけない」という意味になってしまいます。
この場合は「別」と同じ意味となり、また「別」の方がよく使われます。
 
「要」には更に、未来の動作に対する意思を表す使い方もあります。
もっと簡単に言えば「〜したい」という意味です。
この場合の否定形は「〜したくない」という事で「不想」になります。
  
ちなみに、「要」は上記の助動詞としての用法の他に
~が欲しい」という意味の動詞の用法もあります。
こちらの場合、「要らない」という否定形にする場合は
単純に「不」をつけて「不要」とすればOKです。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



 
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP