【留学と私】その43「お酒」(2)

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


中国では、アルコール度数38度の「白酒」を割って飲むという習慣はありません。
「日本では、白酒に近い焼酎をジュースなどで割って飲む習慣がある」
と中国人の友人に教えたところ返ってきた返事は・・・
 
 
 
キモチワルイ
 
です f(^ ^;) f(^ ^;) f(^ ^;)
 
 
まあ「入乡随俗(ru4 xiang1 sui2 su2、郷に入りては郷に従え)」ということで、お酒が決して強いとは言えなかった私も頑張って白酒をストレートで飲みましたよ!!

で、そうこうしてる内に、その強烈なアルコールに慣れて来るんですねー。

初めのうちは「おいしい!むせるけど」だったのが、いつの間にかむせなくなっていました。
ちなみにこの時のトレーニング?のお陰で、留学前は「きっついな〜」と思っていた日本酒が今ではアルコールが全く気にならず、純粋に味を楽しめてます。
量は行けませんけどねw
 
お酒の席はとても楽しいものです。
特にモンゴル人の友人と飲むと、酔いが少し回ってくると、歌あり踊りあり楽器演奏あり、それはそれは盛り上がりを見せる楽しい席になります。
そして、楽しさのあまりひどい目に遭ったこともあります(と言っても自爆しただけですが)。
 
ある日曜日の晩、日本に留学経験があり内モンゴルで日本語を教えているイダリクさんという方が、日本語の生徒さんを連れて日本人との飲み会を企画してくれました。
それはそれは楽しい会で、あろうことか38度の白酒500mlを
私一人で空けてしまったんです∑(゚Д゚)

当時の私は一番お酒が飲めた時期とはいえ、これはあまりにも無謀でした。
嘔吐したりという粗相こそしませんでしたが、お店を出る時点で完全に千鳥足で(人生唯一の経験)、両脇を支えてもらいながらタクシーに乗せてもらいなんとか寮にたどり着きました。
(ちなみに、これは留学3年目くらいの話で、借りていたアパートを引き払って留学生寮に戻っていました)
 
しかし、話はこれでは終わらないのです!
この後散々な目に遭うことになります。次回をお楽しみに!!

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP