【時事中国語】光盘行动(2)

(前回の説明)
「CDアクション」と訳すことのできる「光盘行动」という単語、
実は中国の飲食事情と非常に深い関係があります。
さて、その関係とは?
 
--------------------------------
 
ここまでの説明で「なるほど!」と思えた方、あなたは相当な文法知識をお持ちです!
 
この単語の意味を理解するポイントは「光盘」にあります。
「光」はここでは「ひかり」ではなく、結果補語という文法では

空っぽ、少しも残っていない

という意味で使われます。

そして「盘」は「お皿」。
 
ここまで言えば、みなさんもうおわかりでしょう。

「光盘」は、文字通りの「CD」という意味と
空っぽのお皿→料理を全部食べる
という2つの意味を持つ「かけ言葉」になっているんです!
 
 
中国は、みなさんご存知の通り世界一の人口を抱えた国です。
で、現在は急速な経済発展につれて農業がどんどん衰退しています。
あちこちで農地を潰して工場が建てられており、
2011年には食料の純輸入国に転落しました。

しかも、これから中国は、日本では既に死語となった「飽食の時代」に突入します。
更にその背後には東南アジア・インドといった人口超大国が控えています。
世界の食糧事情は、今後タイトになっていくことが予想されます。
そして我らが日本は、今後長期的には国力が低下していき、
輸入品である食料価格も必ず上がっていきます。
 
そんな状況にある中で、中国の「打包」、「光盘」という習慣は、
我々日本人が大いに参考にすべきことなのではないでしょうか?

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP