「たなっく中国語」受講者の声

私・「たなっく」は中国語勉強会を始めてから約2年半、
個人レッスンは実は留学中から行っていて、約10年の経験があります。
その間、いろいろな方からいろいろな感想をいただけました。

その中で、最近いただいた受講者の方の感想を、一部ではありますがご紹介します。

(1)M.Tさん
田中さんの授業について当時から思っていたのですが、学習者に何を教えたら学習者の為になるかという事が非常にお解りになられているという事です。何で自分の解らない事がわかっているの!?という感じです。まさに目から鱗でした。しかも中国で中国語を勉強している時にも田中さんがおっしゃっていた内容に何度も助けられたと思っています。中国に行ってからの方がむしろその内容の重要性が解ってきました

(2)K.Mさん
今まで自分が認識していた文法が「実は間違っていた」ということが多いのでびっくりします。「日本人ならでは」の、整理されたとてもわかり易い説明が聞けるので深く理解できます。

(3)M.Mさん
「第三声は『Vの字』にならずしっかり抑える」という説明は今まで習ったのと違っていて、しかもこれを採り入れることで、今まで通じなかった発音が通じるようになりました!

(4)Y.Yさん
説明がわかり易くて助かっています。特に、日本語で補語(特に"到"と"住")についての説明が聞けて、前よりもずっと理解できるようになりました。辞書や参考書だと、説明が複雑すぎて理解できません

(5)K.Kさん
「中国語の時制の概念は日本語や英語と全く異なる」との説明が「なるほど!」と分かりやすかったです。いつも、ついつい日本語に置き換えて考えていました。

(6)E.Yさん
・「了」は、今まで何となく使っていましたが、説明を受けて明確になりました
・発音の説明がとても分かりやすかったです。CDを聞いても口の形や舌の状態まで分からないので。
・「就」の意味を台湾人の友達に聞いたら「特に意味はない」と言われましたが、レッスンを受けてニュアンスを理解できました

(7)K.Hさん
「いきなり自然な日本語訳をする前に、まず直訳をする事が大事」という話にハッとさせられました。教科書の日本語訳がいつも自然な日本語訳ばかりなので、「なぜそういう意味になるのか」がわからず応用が全くできません。説明を聞いてよく分かりました。

(8)H.Sさん
"在"と"有"の使い方は、ネイティブの先生だとニュアンスが説明できないので、なんとなく使っていたので、明確な定義が分かって、すっきりした

(9)T.Kさん
とにかく「目からウロコ」の連続のレッスンでした!何もかもが新鮮で、納得できて、頭に入ってくる授業は久しぶりでした!あっという間に時間が過ぎてしまいました。

(10)H.Iさん
文法を詳しく教えていただき勉強になりました。特に"一下、一点儿、一会儿"の使い分け。説明の切り口が、一般の本に書いてないやり方で良かった。



おもしろいように文法がわかる!発音ができる!
そんな「たなっく中国語レッスン」、
中国語がうまくなりたいと思っている方は必見
です!!

●レッスン申し込みを随時受付中!!●
yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP