【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】お勧めできない勉強法

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「たなっく中国語」のチラシです。どんどん配布しちゃって下さい!
こちらをクリックしてダウンロード!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

中国語の勉強方法はいろいろあり、どの方法を採り入れるかは人それぞれだと思います。
ただ、「お勧めできない勉強法」というものもあります。
初心者・初級者の段階では、誤った知識や癖が身についてしまう危険性があるものです。
今回は、この点について少しお話させていただこうと思います。

ネイティブ「だけ」から学ぶ
日頃から私が最も強く主張していることがこれです。
母語を「教える」のは非常に難しいです。
我々日本人が外国人に日本語を教えることができないように、
複雑な文法や超難解な発音を持つ中国語を、
中国人が日本人に、しかもわかりやすく教えることは不可能です。
中国語を苦労してマスターした、同じ日本人だからこそ
基礎を正しく・わかりやすく教えることができるというものです。

もちろん、ネイティブから学ぶことを全面的に否定している訳ではありません。
「言いたいことを中国語で大体言える!」というレベルの方は、
日本人でなくネイティブとがんがん会話をして、
ネイティブの癖や辞書にない言い回しなどを学ぶのが良いと思います。

ただそれでも、日本人が必ず一度は間違える
「了」、「到」、補語などの用法をちゃんと学んだことがない方は、
≪必ず≫確認しておいて下さい。
それぞれが1コマ以上の授業になる、非常に複雑で奥の深い話です!!


●レッスン申し込み・質問を随時受付中!!●
yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


●中国語の歌で学ぶ
これ、意外と多くの方が気づいていない「盲点」です。
みなさんご存知の通り、中国語は文字ごとに「声調」があります。
が、歌の中ではこれらの声調は≪完全に≫無視されます。
声調の正確さが重要である中国語において、これは致命的な問題です。
実際、ネイティブの方でさえ
「歌だけ聴いていると、ピンインが正確でも何を言っているのかわからない
そうです。

しかもこれだけでなく、おそらく語呂合わせなどの目的だと思いますが
会話では「de」と読む「的」の字が歌の中では「di」と読むし、
「了」は会話では「le」と発音される場合でも
歌の中では「liao」となったりします。

「趣味」「ストレス発散」という意味で中国語の歌を歌うのは大いに結構ですが
中国語の歌に「発音練習」という観点から関わるのだけは≪絶対に≫避けて下さい!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「たなっく中国語レッスン」ご紹介
(こちらをクリックしてご覧下さい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP