【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】たなっく中国語擬似レッスン(ピンイン編)

私・たなっくは、中国語学習の際に発音の解説と練習を非常に大切にしています。
みなさんご存知の通り中国語の発音は非常に難しく通じづらい。
せっかく頑張って話したのに相手がわかってくれないと凹みますよね?
 
わざとそんな「辛い思い」をする必要はありません。
中国語学習の初期段階で正しい発音を身につけられれば、
そういった不要な「辛い体験」を回避することが可能です。

実際、たなっくの個人レッスンを受けている方は
私がどれだけ詳細な発音解説をするかご存知ですが、
今回は、まだ私のレッスンを受けたことがない方のために
その解説を再現してみます!

当然、文字のみでの説明なのでお伝えできることは限りがありますが、
「たなっく中国語レッスン」を疑似体験してもらえれば、と思います!

で、ここでは「讨价还价」という成语(cheng2 yu2。ことわざ)を例に
説明してしますね。

まず、意味は「価格交渉をする、値切る」です。

次に、メインイベント?となる発音解説、まずはピンインから。

まず1文字目の「讨」は「tao」。
初心者~初級レベルの方であれば日本語の「たお」で構いませんが、
中級以上の方なら有気音(息を強く出す)を意識してみてください。

次に、2文字目と4文字目の「价」。ピンインは「jia」。
このピンイン、ほとんどの日本人の方は「じゃー」と発音しています。
これでも通じますが、より正確な発音は「じあ」です。
「じ」もはっきり発音しましょう!

で、難しくはありませんが要注意なのが3文字目の「还」。
ピンインは「huan」ですが、このピンインに騙されないように!!
「ふあん」と発音してしまいそうですが、この場合「u」は「o」の発音になります。
つまり「ほあん」が正確な発音になります。
この、見た目「u」なのに実際は「o」になるというピンインは他にもあります。

さらにもう一段階の注意!!
この「ほあん」ですが、上記「jia」を「じゃー」と発音してしまうように
「ほ」も(「ふぁん」の「ふ」みたいに)小さく発音してしまう例が非常に多いです。
「保安」という単語を読むのと同じで「ほ」もしっかりと!!

どうですか?
ピンインだけ、しかも反り舌やおちょぼ口もないのに
これだけの注意点が出てくるんです。
で、実際はここに声調まで絡んできます
大変でしょう(^ ^;)

次回は「声調編」をお届けします!!


●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP