【留学と私】留学前(18)

7月の「たなっく中国語勉強会」@池袋会場
内容:(1)【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説
   (2)【初心者~上級者向け】成語で発音練習
開催日:7月8日・26日
詳細:http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-206.html

【朝活!!】たなっく中国語勉強会@茅場町
内容:【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説
開催日:7月16日
詳細:http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-205.html/



(第17回までのあらすじ)
2002年のGW、2回目の内モンゴル植林ツアーへ。
私の中国語はにいくつかの課題こそ見つかったものの
約1年間、しかも独学ということを考えればじゅうぶん過ぎるほど通じました。
 
 
さんざん考えたものの「留学前」で引き伸ばせるネタを
結局ひり出すことはできず(笑)、
かと言って次回いきなり「内モンゴルなう」という展開もミョーですので、
ここで留学前の総括(「総括」だなんてエラソーに・・・)をしたいと思います。
 
2001年のGWが、私にとって初めての海外でした。
かと言って、別にそれまで海外に興味がなかったという訳ではありません。
ただ、よく「日本は狭い」なんて言われますが、私は決してそうは思いません
確かに国土自体はそれほど広くないかもしれませんが、
四季がはっきりしているため、少なくとも旅行という視点からは
実際の四倍の広さがあると以前から思ってます。
なので、「海外に興味なっすぃんぐ」なのではなく
海外に興味を持つ前に日本国内で手いっぱい
というのが本当のところでした。
(この気持ちは基本的には今も変わっていません)

という訳で、2001年春に参加した初めての植林ツアーも
ほぼ純粋に「環境の勉強」という気持ちで臨みました。
それが、一瞬にして興味が語学に移り、
さらにそれが留学に至るという急展開を迎えた訳です。
そして、話は現在に飛びますが中国語を教え、
さらに自分自身が一番驚いている予想外の
 
「楽器演奏」
 
までお仕事になっている訳です。
学生時代はオタマジャクシを見て吐き気を催していた(笑)私がですよ!!
「事実は小説より奇なり」を地で行く人生だなーってしみじみ思います。
 
自転車で日本中を走り回っていた私にとって、
20世紀はHCC(法政大学サイクリング同好会)の世紀、
または「日本国内の世紀」でした。
私の21世紀は、植林ツアーをきっかけに図らずも
世界に羽ばたく世紀」になります。
 
我ながらスケールでけ~!!(≧∇≦)

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP