【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】効率的な発音をするための意識

中国語の発音は、私がわざわざ言うまでもなく非常に難しいです。
ピンインだけでも厄介なのに、日本語にない概念・声調まであります。
声調を意識するとピンインの意識ができなくなるし、
 ピンインを注意すると声調が乱れてしまう
し・・・」
という苦労は誰もが通る道です。

例えば「一起去」(一緒に行く)という表現。
「起」は「い」の口であるのに対し「去」はおちょぼ口で発音しますが、
「起」を意識すると「去」のおちょぼ口を意識することができなくなり、
逆に「去」のおちょぼ口を意識すると
「起」も「去」に引っ張られておちょぼ口になってしまう、
それに加えて更に声調まで意識しないといけない、という
あちらを立てればこちらが立たず
の苦労をしている方は非常に多いでしょう。

が、「ちょっとした意識」をすることで発音がかなり楽になります。

「一」は日本語の「いー」。
「起」は日本語の「ちー」の発音で基本は大丈夫です。
「去」はおちょぼ口をしながら日本語の「ちー」。
つまり、

日本語的には「いーちーちー」と言おうとする、
その際、最後の「ちー」だけおちょぼ口にする


という意識です。
この意識をすることで、声調に意識を集中しやすくなります!

これは「口の形の意識」のほんの一例であり、他にも
舌の意識、声調の意識など挙げていけば切りがありません。
個人レッスンでないと、こういった「細やかな意識のしかた」は
とても伝えきれるものではありませんが、本コラムが
「ひょっとしてあの発音、ちょっと効率的になるんじゃ?」
という発見につながれば幸いです。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP