【留学と私】留学前(8)

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


(前回までのあらすじ)
内モンゴルの植林ツアー参加がきっかけで中国語に目覚めた私。
当初は独学だったものの、上達するにつれて物足りなさを感じ始め、
「駅前留学・NOVA」に「入学」したのでした。
 
 
2001年当時のNOVAの中国語は、確か7クラスに分かれていました。
独学とは言え半年ほど学習経験のあった私は
下から2番目のクラスから始めることになりました。
 
NOVAには、おそらく7~8ヶ月在籍したかと思います。
結論から言えば「やってて良かった」と素直に思っています。
インターネットというものが爆発的に普及し始めたばかりの頃で、
Facebookやmixiといった「ソーシャルメディア」はまだなかった時代です。
それに、日本で生活する中国人が今ほど多くなかったこともあり、
ネイティブと交流できる機会はけっこう貴重でした。
 
ただ、良いことばかりではありませんでした(^_^;)
肝心なレッスン内容には「?」がつくこともよくありました。
今でも強烈に脳裏に焼きついて忘れられないことが、少なくとも2つあります。
 
ひとつが「なまっている講師がいた」です(爆)
「タクシー」は中国の中国語では「出租车 chu1 zu1 che1」ですが、
上海出身というネイティブ講師は「chu1 zhu1 che1」と発音していました。
独学で覚えた発音とは違っていたのはわかったものの、当時の私は
「どちらが正しいんだろう?」と疑問に思うしかありませんでしたが。
 
もうひとつは「講師が生徒の発音を全く矯正しない」ことです(爆爆爆)
とある日本人が「是」を「しゅー」と発音していました。
当時の私ですら
「そりゃ明らかに違うだろ」
という発音なのですが、それを指摘した講師を結局一度も見ることはありませんでした。
学習暦わずか数ヶ月の私ごときが生意気にも
これじゃ正確な発音はここでは学べないな
と思ってしまったほどです。

ただ、当時仕事が忙しく、また薄給のサラリーマンであった私には
「他のスクールも掛け持ちする」
「個人レッスンを受ける」
というのは贅沢な選択肢で、
従来の「正しい発音方法について1人で研究する」という毎日が続きました。
この時の苦労のおかげで、現在たいへん好評をいただいている
「かゆい所に手の届く」詳細な解説
ができている訳ですが、一方で
「ちょっと奮発してでも、ちゃんと教えてくれる先生についていたら
 ずーっと効率的に上達していただろうに」
ともよく思います。
 
スクール選びは、得てして1コマ辺りの授業料に目が行きがちですが、
授業の質」で選んだほうが絶対に良いです!!
勉強にかける時間も含め、長期的・総合的に見れば、結果的にこちらの方が安くつきます。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP