【留学と私】留学前(1)

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

毎回毎回【ワンポイント中国語】をアップしており、これはこれで大好評なのですが、
そればかりでは堅苦しいし、ちょっとは息抜きもしましょうよ!ということで、
突然ですが留学時代(およびその前後)の思い出について赤裸々に(笑)綴ることにしました。

私・「たなっく」こと田中英和は1994年から1998年まで
東京にある法政大学というところに在籍していました。
試験直前だけ熱心に勉学に励むかたわら「法政大学サイクリング同好会(HCC)」に所属し
日本中自転車で走り回っていました。
卒業後のアウトドア活動まで含めると、47都道府県のうち40くらいの場所に行きました。
日本の最東西南北端全てにも行きました。
北海道にいたっては4年間で5回も行きましたので、
北海道出身の方より詳しかったりもします(笑)

確か、大雑把に計算したところ4年間で合計約8,000km走ったと思います。
8,000kmと聞くと「すげー!!」と思われる方が大半かもしれませんが、
本当にハマっていた人は1万kmを軽く超える距離を走っているんです。
しかし自分なりにどっぷりとHCCにはまっていたことは間違いなく、
私にとって20世紀は「HCCと共にある世紀」でした。

で、今もそうですが当時から人の多い所があまり好きではなく、
山の中やさびれた海沿いなど人の少ない所を中心に走っていました。
こういった自転車旅行を通して大自然と触れ合う機会が非常に多く、
いつの間にか環境問題に興味を持つようになりました。
大学卒業後は普通に就職し、IT会社で働くかたわら
(ちょうどWindows98が世間に急速に広まり始めた頃です。
 余談ですが、当時のパソコンのメモリ容量は32MBとかでした。笑)
環境に関する本を読んだり、週末にセミナーに行ったりして勉強を続けていました。

そして忘れもしない、21世紀に入ってすぐの2001年3月某日、
文字通り私の人生を大きく変えるできことがありました。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP