【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】直訳が大切な表現「你好」

「とりあえず習って覚えたから使えるけど、よく考えるとなぜそう訳すんだろう?」
という文、意外と多いと思います。
そういう文は「意訳」されている文で、中国語から日本語(意訳)に変換する前に
「直訳」をはさむことで、理解度がぐーんと増します
今後、そういう文の紹介もしていきます。

今回は、中国語未経験者でも知っている表現「你好」です。
ご存知の通り、一般的には「こんにちは」と訳します。
ただ、大半の方はこれで終わっていると思うので、
ここでは更に突っ込んで考えてみます。

まず「你」は「あなた」、「好」は「良い、元気」という意味です。
つまり「あなた、お元気ですね」というのが中国語でのあいさつになります。

で、日本語の「こんにちは」と違い、中国語の「你好」という表現は
直訳すれば朝昼晩などの時間とは無関係だとわかるので、
「1日のどの時間帯にも使える」ということが理解できます。

あと、日本語の「はじめまして」に相当する「初次见面」という表現は
実はネイティブの中国人はほとんど使わず、「你好」で代用されています。
その理由も、「你好」の直訳がわかっていれば
「なるほど、そういうことか~」となりますよね。

さらに「你们好」「大家好」なども「你好」と全く同じ構造であるため
上記説明はこれらにも適用可能だとわかります


●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP