【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】「中国語」の中国語

なんかまぎらわしいタイトルですみません(笑)

「日本語」という言語の事を、日本語では「日本語」としか言いません。
「日語」などとは言いませんよね。

それに対し、中国語には「中国語」という意味の単語は複数あります。
今回は、それらの「中国語」という単語のご紹介です。

まず「汉语」。
これは中国北方を中心に使われる事が多いです。
実際、私が留学していた内モンゴルでは、この単語を圧倒的によく聞きました。

次に「中文」。
これは中国中南部や台湾で使用される事が多いように思われます。
「中文」以外の単語を使う台湾人を見た事がないし、また台湾人の友達曰く
「中華圏ではほとんど『中文』がよく使われる」そうです。

あと、香港では「华语」という言葉も耳にしました。
ちなみに「中国語を話す」という文は、
上記「汉语」「中文」を使った場合は動詞「说」がよく使われますが、
「华语」については「讲」が使われていました。

というように、大雑把に言ってしまえば違いは原則「地域差(あとは個人差)」です。
だから、中国北方で「中文」と言っても通じるし、
また「说华语」と言っても何の問題もないと思います。

では、なぜわざわざこんな話をしているのか?というと、
それは「聞くときに困らないようにするため」です。
例えば「汉语」しか知らない方が「华语」という言葉を初めて聞いて
「え?何それ?」とならないようにするためです。

「入乡随俗」(郷に入り手は郷に従え)ではありませんが、
行く先々、または付き合う友人ごとに言葉を使い分けられれば楽しいし、
そこまで行かなくても「聞いてわかる」というのはとても大切です。
「中国語」という単語に限らず、たなっくの個人レッスンでは実際
この単語は使えなくてもいいので、聞いてわかるようにしましょう
とよく生徒さんに言っています。

あと、ちょっと例外的?な言葉として「汉文」という言葉もあります。
ネイティブによると、この単語は
「みやびた響きがする」「古文を連想させる」そうです。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP