【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】これが正しい「辞書の選び方」

中国語を勉強する際、当然のことながら辞書は必須のツールです。
ただ日中・中日含め数多くの種類の辞書がありますが、その中で辞書を選ぶ基準としてどんな事があるでしょうか?

値段、大きさ、単語量、編集者・・・当然ながら様々な視点があります。

もちろん全て大切な要素です。
が、上記とは別に、辞書選びの際に「これだけは絶対に外して欲しくない!」という項目があります。

それは、「編集者が日本人か、それとも中国人か」ということです。
もっと詳しく言うと
日中辞典は中国人が編集した物を、中日辞典は日本人が編集した物を選ぶべき
と私は提案しています。なぜか?

突然ですが、ちょっと質問です。
日本語を中国語に訳す場合と中国語を日本語に訳す場合、どちらが楽ですか?
または、どちらの方が正確に訳せるでしょうか?

考えるまでも無いですね。
日本人であれば「中国語を日本語に」の方が正確です。

そして、これは我々のような学習者だけでなく、研究者にとっても同じことです。
なので、、
「日中辞典は中国人が編集した物を、中日辞典は日本人が編集した物を!」
を辞書選びの大前提としていただきたいと思います。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP