【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】発音によって意味が変わる文字(その2)

少し前のコラム「発音によって意味が変わる文字」が予想以上に大好評だったため、
「その2」として新たにご紹介することにしました。

●「只」:「zhi1」は動物などを数える量詞。「zhi3」は「ただ~なだけ」という意味。

●「济」:通常は「ji4」。地名の場合は「ji3」となります例:济南(山東省の省都)。

●「切」:「切る」という意味の場合は「qie1」。その他の場合は「qie4」。例:「一切」

●「会」:「会计」の場合のみ「kuai4」。その他の場合は「hui4」。

●「觉」:「睡眠」という意味の場合のみ「jiao4」。例:睡觉。その他の場合は「jue2」。

●「给」:「供给」の場合は「ji3」。その他の場合は「gei3」。

●「种」:「zhong3」:「たね」。「zhong4」:「種をまく、栽培する」の意味。例:种地。
     苗字の場合は「Chong2」と読む。

●「行」:「良い、OK」という意味の場合は「xing2」、「業務」という意味の場合は「hang2」。例:银行、行业。

●「难」:「nan2」と読むと「難しい」。「nan4」と読むと「災難」の意味。

●「系」:「ji4」:「結ぶ」。例:系领带(ネクタイを締める)。その他の場合は「xi4」。例:法律系(法学部)。

●「少」:「shao3」は「少ない」。「shao4」は「若い」。例:少年。

●「得」:「de2」は「得る」という動詞。「dei3」は「~しなければならない」という助動詞。
     「de」と軽声で読む場合、その後ろが補語であることを表す。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP