【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】春节

皆さんご存知の通り、今日・1月31日は旧正月「春节」です。

旧正月の帰省ラッシュ「春运」は、延べ数億人もの人が大移動する現象で、
日本でも報道されるほどお馴染みのニュースです。

中国人は、日本人以上に故郷を大切にします。
実家で新年を迎えるためなら、すし詰めの長距離列車に40時間立ちっぱなしで帰郷することもいといません
(余談ですが、学生時代からこんな苦労をしている彼ら中国人が本気になったら、
 日本なんでひとたまりもないだろうと思っています)。

日本の紅白歌合戦に相当する番組もあります。「春节晚会」という番組で、
「日本の紅白とゆく年来る年を足して2で割ってつまらなくした感じ(笑)」
と説明する人がいました。
「春节晚会」を見ながら一家だんらん、新年を迎えるというのが中国のスタイルです。

「春节」は「一年のうち最も寒い時期の新月の日」です(正確な定義ではないかもしれませんが)。
旧正月は、太陽暦で言う毎年1月下旬~2月上旬の間にありますが、
ちょうどこの時期が1年で最も寒い時期になります。
なので、太陽暦を採用している日本では、お正月を過ぎてからしばらくの間
「暦の上ではもう春なのに、全然暖かくならないねぇ」
なんていう会話が聞かれる事がありますが、
もともと太陰暦のお正月(1月下旬~2月上旬)だったものを
無理やり太陽暦に当てはめてしまったのだから、暖かくなくて当然なのです。

もっとも、明治維新で欧米の文化を吸収し始める以前の日本人は
太陰暦に従ってお正月を祝っていたようです。
つまり昔の人たちはお正月を迎えるときに
「これから暖かくなっていくぞー!」
という期待があった(?)という訳ですね。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP